Curtain choice 素適なカーテンに出会う為に・・・

*TOP

*カーテンの役目

*カーテンの歴史

*カーテンの生地

*寸法の測り方

*Form



素適なカーテンに出会うために

カーテンの生地

カーテンは、一般的に厚手のものと透過性のある(レース等)生地を二重に掛けますが、窓によっては一重掛けや三重掛けをすることもあります。

カーテンに使われる生地は、生地の構造によってだいたい4種類に分類されています。生地によって役割も変わるので、種類や特徴を把握して、目的やイメージに合わせて上手に選びましょう。

 

 

*ドレープ生地

重厚感のある厚手のカーテン生地の事をドレープといいます。高い密度で織られているので装飾性も高く、生地の厚さや色柄も豊富にあります。 また、【遮光】【遮蔽】【防音・吸音】【断熱・保温】など、様々な機能を備えていることも特徴です カーテンを選ぶときは、実際にぶら下げた時の見え方にも注意が必要です。サンプルで見るのとは違うので、できれば、柄、模様の見え方やドレープライン(プリーツ)の出方などもチェックしておいたほうがいいでしょう。
ドレープ生地

 

*プリント生地

フラットに仕上げた無地の生地に、柄を後からプリントしたもので、ドレープ生地に比べ、比較的値段が手頃なものが多いです。柄を出すドレープと違い、色や柄が自由に表現できるファッショナブルなカーテン地なので、選ぶデザインによってお部屋がぱっと明るくなったり、またシックになったりと変化が楽むことが出来ます。色彩豊かでファッショナブルなカーテン地なのです。
プリント生地

 

*レース生地

透明感のある薄手のカーテン生地の総称で、多くはドレープやプリントとの二重吊りで使われていますが、高級レースは単品でも使われていることがあります。レースは強い日差しを拡散させて和らげたり、昼間、外から室内が見えないようにする役目があるのです。
レース生地

 

*ケースメント

聞き慣れない言葉ですが、ドレープとレースの中間的な生地です。見た目はレースに似ていますが、レースよりも太めの糸で編まれているのでドレープのようなボリューム感があります。素材的に、バラエティに富んでいます。ドレープとの二重吊りや単品としても使うことができます。ケースメントは、レースのような軽快なイメージですが、太い糸で編まれているので暖かみのあるナチュラルな部屋を演出することができます。和風の部屋もよく合います。
ケースメント

 

カーテンの素材

カーテンに使われる素材は「長時間の使用に耐えることができる」「洗濯をしても伸び縮みが少ない」等という基本的なことの他に、遮光性、防音・遮蔽性、保温、断熱性、そして装飾性などの要素を考慮して選ばれています。 現在、カーテンの素材では、化学繊維である「ポリエステル」「アクリル」再生繊維の「レーヨン」、自然素材の「綿」の4つが主流となります。

 

*ポリエステル(化学繊維)

カーテン繊維の主流です。光沢感があり、手触りも良く、また丈夫ことから、機能面では最も優れた素材です。 欠点は、帯電しやすいので汚れやすいことです。
長所:シワになりにくい・縮みにくい・型くずれしない・熱に強い
短所:静電気が起きやすい・汚れがつきやすい・若干コストが高い
ポリエステル

 

*アクリル(化学繊維)

ポリエステルと並んでカーテンの代表的繊維といえるアクリルです。
軽量で保温性もあり、ポリエステルに比べて、帯電性も少ないために汚れが付きにくいという長所があります。
逆に、毛羽立ちするのと、熱に弱く燃えやすいという欠点があります。
長所:軽い・暖かい・シワになりにくい
短所:ケバ立つ・火や熱に弱い(難燃加工したものもあり)
アクリル

 

*レーヨン(再生繊維)

さらっとした手触り感があり、吸湿性、染色性に優れてます。
欠点は、耐久性が低いことと、水に弱く、縮みやすいこと。他繊維との混紡・混織に適してます。
長所:吸湿性がいい・染色性に優れている・格安・ドレープ性がよい
短所:伸びやすく、洗濯の際に縮みやすい(ドライクリーニングが無難)
レーヨン

 

*綿「コットン」(自然素材)

最も生産量が多い繊維で、丈夫で格安、染色性も良く、多種多様な色・柄を楽しむ事が出来ます。
しかし、太陽光線に弱く、変色しやすい、洗濯で縮んでしまうという欠点もあります。
長所:丈夫でデザインの幅が広い
短所:洗濯で縮むものが多い・変色しやすい
綿

pickup

オメガ 買取

最終更新日:2017/9/29

 

コピーライト