Curtain choice 素適なカーテンに出会う為に・・・

*TOP

*カーテンの役目

*カーテンの歴史

*カーテンの生地

*寸法の測り方

*Form



素適なカーテンに出会うために

カーテンの歴史

「カーテン」の語源とは、ラテン語の「cortina」から変化したと考えられており、古くはエジプト時代にさかのぼります。
もっとも当時は現在のような窓に掛けるような形でなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったり、また安息の場を作る目的で、ベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。
建築物や家具などと違い、カーテンの耐用年数は比較的短いため、当時の原形をとどめるものがほとんどなく、わずかに絵画や写真などで推測するしかありません。

実際にカーテンとして使われていたもっとも古い例は、ローマ時代の絵画に見ることができます。
しかし、それも壁の装飾や、室内の間仕切りとして使われていたのです。現在のようなカーテンがいつ頃から使用されたかという事はよく分かっていませんが、一説によると、ルネッサンス時代の初期頃からであったのではと、考えられています。
日本へ渡ってきたのは江戸時代の事で、長崎の出島に外国公館ができた頃だと思われます。その後明治時代に至るまで日本人がカーテンを使用することはほとんどありませんでした。日本古来の生活様式になじまなかったからです。

ところが明治時代に入り文明開化が訪れると、上流社会における西洋化が急速に進み、しだいにカーテンが使われるようになってきました。
そうして現在では、部屋の装飾として、また壁や家具とのコーディネートをした使われ方をされるようになり、現代生活の中で欠かすことのできない必需品となりました。

 

日本での歴史

武家時代になると、壁や襖や障子がこれらにとって代わる事となりました。
日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃というのが通説になっています。
外国公館で使用されたというもので、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられてます。

当時は「窓掛け」といわれており、ほとんどが輸入品の重厚で高価なものでした。「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからの事で、素材として綿・毛・絹・麻などが用いられ国内で生産され始めました。
大正期に入って中産階級が増え、生活改善運動の影響もあり、次第に広まっていき、関東大震災後は建築の近代化及び洋風化が進み、カーテンも増えてはきたものの、まだ一部の上流階級のものでした。

そして昭和30年代に入り、一般住宅にも本格的にカーテンが普及し始めました。それは日本住宅公団によるアパート建設が始まってからの事で、住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。

その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、家庭の必需品として定着してきました。

check

埼玉 貸倉庫

2017/9/29 更新

 

コピーライト