Curtain choice 素適なカーテンに出会う為に・・・

*TOP

*カーテンの役目

*カーテンの歴史

*カーテンの生地

*寸法の測り方

*Form



素適なカーテンに出会うために

寸法の測り方

1.窓の形状を調べる。

窓の形状とは大きくは2種で、床からの掃きだし式の窓(掃きだし戸タイプ)といわゆるの窓(腰窓)の2種です。窓の形状によって 以下の丈の寸法の決め方が違います。

 

2.巾、丈 を測る。

大切なのはカーテンレールの長さとリングから下の長さです。
床からの窓の場合はカーテンレールの長さが「巾」となり、リングから床までが「丈」です。
遮光性を重視する場合は丈を3cm〜5cm長めにし、床を擦るようにすると良いです。埋め込みの窓はカーテンレールの長さが「巾」で、リングから窓の下枠+15〜20cmが「丈」です。
大きい窓や遮光性を重視する場合は、丈は少し長めがよいでしょう。(窓の下枠+25〜40cm程度)

 

【掃出し窓】
【腰窓】
【掃出し窓】 【腰窓】

 

3.レール(フック)の形状を調べます。

レール(フック)の形状は大きくは2種で、レールが窓から部屋側に張り出したタイプのB型(Bフックカーテンを取り付けたとき、レールが隠れる)と
レールがカーテンボックス、天井、窓枠の上面に取り付けられているA型(Aフック)があります。
レールの形状を間違うと、カーテンが取り付けられないので注意したほうがいいです。

 

【Aフック】:天井付け用
(カーテンを閉めてもレールが見える)
【Bフック】:正面付け用
(カーテンを閉めるとレールが隠れる)
Aフック Bフック

 

(左)窓にレールのみ取り付けてある時
(右)カーテンボックスにレールがある時
(左)窓にレールのみ取り付けてある時 (右)カーテンボックスにレールがある時

 

4.開き・ヒダを選ぶ。

【両開き】
【片開き】
両開き 片開き

 

5.ヒダ倍率

その窓の面積に対して何倍の生地を使ってカーテンを仕立てるのかを決定します。
一般的なオーダーカーテンの2倍ヒダは、窓の2倍の面積分の生地を使ってヒダつまみをして1倍の窓幅に仕立てます。
それを1枚で仕立てるも、2枚に分割するのも、単にあとから「片開き」「両開き」と指定するだけのことで、値段は変わらないでしょう。

ちなみに1.5倍ヒダの「既製品カーテン」は2枚に分けたい場合は0.5幅分のカーテンを2枚購入しますが、オーダーカーテンは上記のような異なった考え方をしますので注意して下さい。また、2.5倍ヒダ仕様はたっぷりと生地を使用することで、裾のウェーブも深くなりゴージャスな雰囲気にしあがります。

レースに2.5倍ヒダを、ご指定される方が多いようです。それほどレースは、眺める時間が多いということです。
ヒダ倍率

 

Favorite

Last update:2018/7/12

コピーライト