Curtain choice 素適なカーテンに出会う為に・・・

*TOP

*カーテンの役目

*カーテンの歴史

*カーテンの生地

*寸法の測り方

*Form



素適なカーテンに出会うために

カーテンの役目

「外からの視線を遮るために窓からぶら下がっている布」がカーテンだと思っている人が多いと思います。カーテンには遮蔽効果の他にもいろいろな役目があるのです。

 

*丸見え防止効果(遮蔽効果)

外からの視線を遮る、外にある見たくないものを隠す、またプライバシーを守るという遮蔽(しゃへい)効果は、カーテンの大事な役目なのです。
特に道路に面した家では、通行人の視線がとても気になります。
また、夜間はカーテンを閉めないで電気をつけると部屋の中が丸見えになりす。

 

*日差しの侵入を防ぐ効果(遮光効果)

部屋の中が明るいことは良いことなのですが、サンサン真夏の日差しや、西日、お昼寝がしたい時とか、ホームシアターを楽しみたいなんて時は、太陽の光が眩しくて邪魔になります。遮光もカーテンの大事な役目なのです。また、日差しによる家具の日焼け防止もカーテンは有効なアイテムです。

 

*保温効果

部屋の中で、暑さや寒さを一番伝えやすい部分が窓なのです。カーテンがあるのとないのでは暑さが違います。冬の寒さが気になる部屋では、カーテンをかけることによって、冷気の侵入を防いだり、暖かさが外に逃げるのを防ぐことができるのです。
また夏の暑い日差しを部屋に入れないという点でも断熱、保温効果抜群のカーテンなのです。

窓の高さが腰までしかなくても、床までカーテンをかけることによって外の冷気を防ぐことができるのです。寒さが気になる部屋のカーテンは床までかけるのがおすすめです。

 

*防音、吸音効果

カーテンには室内の音漏れや室外の音の侵入を防ぐ効果もあります。完全な防音はできませんが、緻密な織りの厚手のカーテンや布に凹凸のあるカーテンは、ある程度、防音効果があります。部屋の中で音楽を聴くときなどは有効です。
ただし、完全な防音をするとなると、防音性能を施した窓ガラスや壁が必要となります。

 

*部屋を美しく見せる効果

機能性ばかりではなく、インテリアとしても重要な要素があるのがカーテンです。部屋の空間に占める割合も大きく、視界に入りやすいことからカーテンによって部屋の雰囲気もがらっと変わってきます。
最近はスタイルカーテンといい、部屋の中からだけではなく、外からの視線も意識したオシャレなカーテンがたくさんでてきています。

 

プライバシーレース

プライバシーレースは、通常のレースに一部特殊効果を加えた物です。その特殊な方法は、糸を変える事になります。レースの裏面の糸を光沢のある反射する糸を使う事により、透過率を上げ部屋の中が見えないようになります。

【メリット】
通常のレースより、部屋の中の様子は見えにくいです。
晴天時に光が入る部屋では効果が大きいです。
通常のレールと価格はさほど変わりません。

【デメリット】
光が直接入らない、夜などは効果がでません。
デザインが少ないです。

レース

 

使う場所によって、とても良い効果を期待できますが、夜や曇りの日などではその効果の期待は少なくなります。

 

recommend

最終更新日:2018/6/14

コピーライト